ベルベル人のガイドさんとアトラス山越え

砂漠ツアーシリーズその1

P1070922

マラケシュで泊まったリヤドは、こんな感じで吹き抜けになっていて、とても開放感があります。

P1070920

右方にはプールのようなものがあります。水があるだけで雰囲気が涼しい感じになりますね。

P1070926

泊まったリヤド「MonRiad」、お世話になりました。オーナー含めスタッフが皆さん親切でした。

待ち合わせ時間になったら、依頼しておいた砂漠ツアーの会社の方が迎えに来ました。車のある駐車場まで歩いていきます。

P1080073

この時、朝の八時。いよいよ、三日間の砂漠ツアーが始まります!

P1080069

とっても陽気なベルベル人のガイドさん。

P1080064

街を出たところで、小休憩。

P1080070

車のトランク上に地図を広げて、今回のツアーの流れを丁寧に説明してくれました。

まずは、ここマラケシュからハイアトラス(オートアトラス)山を越えて、ワルザザートへ、そしてサハラ砂漠に近い街メルズーガへ、そしてローアトラス(モワイヤン・アトラス)山を越えながら北上してフェズへ向かうという、モロッコをほぼ一周するルートです。その全行程、約1000km!日本でいえば、東京から鹿児島くらいの距離です。

P1080062

ベルベル語プチ講座。象形文字っぽいです。PやU、Vにあたる文字が無いようです。

P1080063

私たちの名前も書いてもらいました。どこかアルファベットと似ている気がします。

ちなみに、「ベルベル」という言葉はもともと差別語だったようで、ギリシャ語で”バルバロイ=言葉がわからない人”という意味だそうです。そのためベルベルと呼ばれるのを嫌う人もいるとか。

P1080076

標高1460mのところにあるカフェで小休憩。

P1080081

屋上にはテラスがあり、絶景です。天気にも恵まれました。

P1080084

ブギーボードにスケッチを書いています。ペレー帽もかぶっていし、まるで画家?(笑)

P1080085

おもしろいシルエットの椅子です。

P1080089

次に車が停まったスポットがここ。アトラス山のふもとに数々の家が建っています。

P1080091

土や泥などで建てられたものだそうです。

P1080095

車道の近くには、珍しい形をした石が売られていました。クリスタルのようなものもあります。

P1080096

この地方で有名なローズを使った名産物を売っているスポットにも寄りました。日本人も多く訪れるのか、日本語のガイドがありました。

P1080097

めっちゃセールスしてきます。

P1080098

これが、

P1080099

こうなります。他にもいろいろテスターが置いてありました。嫁も私もあまりピンと来なくて、結局買いませんでしたが。

P1080102

P1080106

P1080105

レールの上にはこんな感じの路上店も。さすが観光地。色どりどりでセンスも悪くないです。買いませんでしたが。

P1080121

モロッコの山には、たまにこんな感じの三つの言葉が刻まれていた(写真失念)ので、ガイドさんに聞いたら、なんとモロッコのスローガンだそうです。「神、我が国、王」。カッコいいなぁ。

P1080110

P1080108

ティシュカ峠。標高2260m。

P1080107

かなりの絶景です!ここまで来たら、世界遺産のアイトベンハッドゥまであともうすぐです。

P1080120

かなりノリがいいジョン・トラヴォルタ似のドライバーさん。安全運転を心がけてて、とっても安心できました。

P1080125

サービス精神が旺盛なのか、平坦な道があるにも関わらず、ショートカットしてこのデコボコ道を30分くらい走ってくれました。音楽をガンガン流して歌いながら(笑)。私も嫁も車酔いには強いのですが、あまりの揺れに少し気持ち悪くなりました。。

P1080127

マラケシュを出発してから、約4時間半。ようやくアイトベンハッドゥに到着しました。

P1080128

ここのレストランでランチをいただきました。

P1080133

もはや定番のミントティー。この甘さは落ち着きます。

P1080138

ここのタジンは、レーズンやプルーンなどドライフルーツが入っていて、おいしかったです。

腹がふくれて落ち着いたところで、世界遺産のアイトベンハッドゥへ歩いて向かいます!つづく。



コメントComments

 


前後の記事Navi

  • 夜のフナ広場で高みの見物にピッタリなスポット

  • 肩透かしをくらった世界遺産