ポルトガルで大量のポテトの洗礼

バルセロナから飛んで2時間くらいで、リスボンのポルテラ空港に到着しました。

P1070550

空港を出たところです。メトロへの入り口が宇宙船チックでかっこいい。

ネットで予約した宿までメトロで向かい、のんびりと一休みしたところで、トリップアドバイザーを頼りに晩飯探しの旅へ。

P1070558

夜のリスボン、雰囲気が結構あります。

P1070554

ここのレストランでいただきました。宿から歩いて3分!

P1070551

野菜スープ。ほっこりします。

P1070552

ポテト多い。。

これはフランゴアサードというポルトガルの料理だそうです。シンプルな盛り付けなのに、ポテトもローストチキンも素材がいいのか、とっても美味しかったです。

ガイドブックいわく、ポルトガルのレストランは席につくと、チーズやオリーブ、コロッケなどお通しが勝手に運ばれるところが多く、食べたくない時はしっかり断らないと全て払う羽目になるらしいです。

私たちの時もお通しが運ばれましたが、そこまで食べれないなー、ということでガイドブックに倣って「Não Obrigado」と書いてウェイターにみせたら、あっさりと持って行ってくれました。

P1070559

どこかのポスト。かっこいいなー

P1070561

そして翌朝。ポルトへ向かいます。

ポルトは、かつてのポルトガルの首都で、日本でいえば京都のような都市だそうです。

P1070563

リスボンのサンタ・アポローニア駅。

P1070562

ここで電車に乗り換えてポルトのカンパーニャ駅に向かいます。

P1070564

P1070567

3時間くらいで、到着。いい天気です。

P1070579

そして昨夜予約したホテルへ向かい、地元の小さな食堂のようなところで晩飯をいただきました。

P1070580

またポテトがわんさかと載っています。ポテトで肉が隠れています。ポルトガルはポテト好きが多いのかな…。素朴な味でおいしいんですが、腹がすぐ一杯になります(笑)

P1070581

これは魚のすり身を揚げたものですが、結構変わった食感で、醤油が欲しくなる味でした。

P1070582

たまたま、食堂のテレビのニュースに、手話のワイプが入っていました。しばらく見てしましたが、分かるようでさっぱり分からないのがもどかしいです(笑)。手話は世界共通ではないので、当然といえば当然なのですが。。

明日はポルトの旧市街をブラブラします。つづく。



コメントComments

  • メグミ says:

    揚げたジャガイモとアサリ、パプリカペーストで味付けした豚肉に仕上げにパクチー!
    と言うカルネ・ポルト・デ・アランテージョ、ってお料理、食べてませんか???
    夏に友達がポルトガル行ってて、習って来て、教えてくれたんです^ ^
    美味しいですよ~*\(^o^)/*
    で、本当にジャガイモ好きなんですね、ポルトガル人(笑)

    • kohe says:

      それ多分、食べてないですねぇ。。というかアサリにパプリカとは珍しい。
      リベンジする機会があれば食べてみたいです!

 


前後の記事Navi

  • まるで別の惑星にいるかのような公園

  • ボリューム盛り沢山!ポルト旧市街巡り