サハラ砂漠脱出

砂漠ツアーその7

朝日の出を拝んだあと、しばらくぼーっとしていました。

P1080538

そして、いよいよ砂漠を離れるときがきました。ここが私たちが泊まったテントです。テントには砂が少し入っていて、お世辞にも寝心地は快適ではありませんでしたが、砂漠の中で寝ているという状況にとてもワクワクしていました。

P1080543

記念に砂を持ち帰りたくなったので、ペットボトルに砂を入れようとしたら、おっさんがやってきて入れてくれました。

慣れているのか、その手際が見事なもので、まずペットボトルに少量の砂をいれ、シャカシャカと振って水を除去し、手をジョウロ状にして砂をサラサラと入れていました。

P1080544

おっさんと記念ショット。

P1080545

P1080549

荷物を載せようとすると、ラクダがグェーグェーと唸ります。搭乗拒否?(笑)

そして、また砂漠を歩く旅へGO!

P1080557

P1080561

P1080554

P1080565

P1080570

砂漠って不思議です。歩くたびに刻一刻と変化していきます。10分もしないうちに、昨日の筋肉痛がぶり返してきて、お尻が痛くなってきました。。

P1080578

P1080552

P1080559

嫁もテンションMAXです。後ろに誰もいないので、フリーダムモード。

P1080587

おっさんに撮ってもらいました。バックの砂漠が傾いているのがとても良い味出てますね。

P1080589

ラクダ、かわいいです。頭をスリスリしても嫌がりません。手触りとしては毛深いフェルトみたいな感じ。

P1080599

メルズーガの街が見えてきました。

P1080605

足場が砂利になった途端、ラクダの乗り心地が一変。車でいえばサスペンションが硬くなったかように、軽くなりました。

P1080602

このあたりに、なんと瓶の破片が落ちていました。危ない。。ラクダも分かってるのか、かわしながら歩いていました。

P1080618

一時間強のラクダの旅も、ついに終着点。

P1080623

お世話になったラクダ。

P1080627

行きも帰りもコイツでした。目つきが凛々しいです。

P1080628

P1080629

P1080632

なんというか、今回の砂漠往復でラクダを見直しました。まさかラクダがここまで従順で、愛くるしいペットだとは思いませんでした。グエッグエッと変な音も出すし、面白い変顔もするし、砂漠の急傾斜を降りるときもブレないし。ただ、乗り心地は本当に微妙なところで、お尻がかなり痛くなります。

つづく。



コメントComments

 


前後の記事Navi

  • 非日常感たっぷりな朝のサハラ砂漠

  • 砂漠のそばで朝ご飯