Deaf Culture Centreに行ってきた

P1110420

ここトロントで滞在した宿です。一見、家のようですが、部屋ごとにバストイレ完備で過ごしやすかったです。

この日は、ろう者のアートが集まっているという施設、Deaf Culture Centreまで行ってみます。天気が良いので、歩きで!

P1110431

よーく見ると何者かがこちらを見ています。

P1110434

めちゃくちゃガン見してます。

P1110433

随分とふくよかなリスだなぁ。食べ物に困ってないんでしょうね。

P1110435

下にも一匹。妙に人間慣れしてます。

P1110437

トロントのランドマーク的存在、CNタワーが奥に見えます。2007年までは世界で一番高い塔だったらしいですが、今回の旅ではどういうわけかあんまり気乗りしなくて行きませんでした。

 

P1110443

Deaf Culture Centreに近づいてくると、アート的なオブジェが目立ってきました。これとか六本木ヒルズのマンマ(クモ)みたい。

P1110445

ディスティラリー地区というところです。なかなかオシャレなスポット。

P1110448

これとかなんだろう。日時計?

P1110449

P1110450

たどり着きました!ここです。緑色のドアが特徴的ですね。どこかイギリスっぽい。

P1110451

中は工場のような雰囲気で、けっこう殺風景です。

P1110455

この女性の方にASL(アメリカ手話)で案内していただきました。ASLは不慣れなのですが、ゆっくりとわかりやすく話していただきました。感謝!

P1110453

ろう者の方が見る夢を表した絵らしいです。うーん、分かるようで分からない(笑)

P1110456

P1110457

木で作られた大型車的な。ろう者の方が施設にいっぱい寄付したとのこと。

P1110458

いろんな手の形を砂で固めた的な。

P1110460

古くなったろう学校の設備の一部だそうです。

P1110461

ASLの指文字。ずいぶんと古い感じなのに、全く形が変わってないところがASLの歴史の古さを感じますね。

他にもいろいろなアートが置いてあって興味深かったです。世界中のろう者のアートを集めるというのがコンセプトらしいので、日本のろう者アーティストからも何か送れば喜ばれそう。

Deaf Culture Centre

サイトもあるのですが、入り口が結構面白くて、なんとASL、LSQ、English、Franciasの4つの言語から選べます。LSQってなんだろうと思ったのですが、カナダ手話なんですね。カナダはASLだけだと思ってました。

P1110464

時間が余ったので、他のところも見てみます。マップを見ると結構お店がいっぱい!その中から私たちが選んだのは…

P1110466

エスキーモアートギャラリー。そう、シロクマです(笑)

カナダに来てからシロクマに関したものを見かけることが多くなってきた気がします。テンションがあがってきますね。

P1110467

P1110476

中にはご覧の通り、かわいらしい石の置物が。欲しかったのですが、パリで手に入れたポンポンの作品があるので、これ以上は…ということで泣く泣くスルー。めちゃくちゃ重いしね。。

P1110473

イヌイットに関する本もいっぱい置いてあったので、パラパラと読み漁りました(笑)

P1110472

このウサギのあくび、妙に人間臭くないですか?

P1110474

これとか家の寝室とかに飾りたいなぁ。。

P1110478

ギャラリーや雑貨屋さんなど、色々見てて疲れてきたので、甘いものを求めてカフェ探しが始まります。

P1110482

このお店に決めました。

P1110480

コーヒーとこのケーキをいただきました。うーん、めちゃくちゃ甘かったことしか印象が残ってないです(汗)

明日はいよいよ、シロクマの首都ともいわれる街、マニトバ州のチャーチルへ向かいます!ようやく旅も終わりが見えてきました。つづく。



コメントComments

 


前後の記事Navi

  • AGOでまさかの邂逅

  • シロクマの首都、チャーチルへ