リシケシの寺院とお気に入りのターリー店

タポバンからラクシュマン・ジューラー橋を渡った先に、ヒンドゥー教の大きな寺院があります。

P1010085

橋にはサルがいます。人間慣れしているのか、逃げません。カメラを向けると威嚇してくるし、怖いです。がんばって撮りました。

P1000944

牛さんも堂々と橋を渡っています。カメラを向けても無反応なので撮りやすいです。牛糞には要注意。

P1000935

長さは450フィート(大体137メートル)、高さは59フィート(大体18メートル)あるようです。

P1000946

橋を渡りきった先には、シヴァさんが。インドでは人気ナンバーワンの神様です。

P1000945

とにかくでかい。目立ちます。これは、「Shri Trayanbakshwar Mandir」という寺院で、13階建てだそうです。

寺院の構造が面白くて、頂上にたどり着くためには、螺旋階段を横にびよーんと伸ばしたような感じで、寺院の中をぐるぐると回っていかなければなりません。

P1000948

一階はこんな風になっていて、デパートのせこいエスカレーターみたいに、巡回しなければ上に行けません。。各フロアにある多くの部屋には、ヒンドゥー教の数多くの神様が祀られています。

P1000953

シヴァ。

P1000958

ハヌマーンはどれも表情が妙にリアルで不気味です。

P1000951

プージャーで使われる炎だそうです。

P1000954

シヴァの像の隣にあった、トラのぬいぐるみ。あれ?なんだろう、この既視感…

P1000956

日本人に人気らしいガネーシャ。

P1000963

頂上に近づいてきました。まだまだ周ります。

P1000960

鐘が沢山。

P1000957

ところどころあったオームの石。

そして頂上では変なおっさんが二人いました。かなり胡散臭いオーラを醸し出しています。金は払わないと言っても、フリー、フリーだと言うので、軽く儀式を受けてみました。

P1000974

まずは手にミサンガのようなものを、

P1000975

そして、あられのようなお菓子をもらい、額にトリシューラ(シヴァの武器でもある先が3つに分かれた槍)の紋章を付けてもらいました。

P1000979

お礼を言って降りようとすると、やはりというか「ひとり100ルピーよこせ」と言われました(笑)。話が違うと言ってスルーして降りました。

P1010122

帰りは、すっかりお馴染みになったTip Topで晩飯。タポバンのオートスタンドの近くにあります。

P1010124

P1010125

P1000841

ここはターリーだけでなく、チャパティやスープも美味しいので、リシケシ滞在中は重宝していました。

P1010126

メニューによっては、スパイスを控えめにするか?と尋ねてくれたりと、オーナーの気配りが嬉しく、リシケシでは間違いなくオススメできるお店です。



コメントComments

 


前後の記事Navi

  • リシケシで評判のカフェ①「ジャーマンベーカリー」

  • リシケシで評判のカフェ②「ピラミッドカフェ」