ろう者が働いている紙漉きアトリエ

in マルキルギス

カイロ中心地から車で数分先のマルキルギスに、ろう者が働いている紙漉きアトリエがあるということで、友人に連れてってもらいました。

P1030367

紙の原料となる藁を漉すところです。

P1030370

何人かのスタッフがいましたが、この部屋では、彼女が一人で紙を丁寧に作っていました。

P1030372

薄暗い作業場。

P1030371

このように壁に紙を貼り付けて乾燥させます。

国際手話や日本手話、エジプト手話を交えてなんとか意思疎通しながら、雑談できました。彼女が昔、自分の若い頃の写真を見せてくれたり、何かと可愛らしい方でした。

P1030377

大量に出来た商品の山々、ここで商品を買えます。販売員?は、聴者でした。ろう者も表に出て販売したら、もっと素敵だなと思いました。

P1030376

アトリエを見学させてもらい、彼女の話(超スピードのエジプト手話)を聞き、充実した時間でした。お別れの際に、記念写真をパチリ。



コメントComments

 


前後の記事Navi

  • イスラム教徒の聖地、モスクの中に入ってみました。

  • ナイル川で鳩肉を食う