ポルトガルの素晴らしいレストラン

in ポルト

とうとう楽しかったポルトの旅も明日でおしまい。

これまでいくつかのお店を紹介していましたが、今夜は、みなさんにも是が非でも行ってほしいお店に当たりました!ポルトガル料理で評価が高いレストランがあることを知り、前日に予約をして向かいました。

P1070702

本当にこんなところにあるの?と思うような住宅街?の人気ない道を進むと、目当てのレストランが見えてきました。

P1070705

レストランに無事到着出来たものの、今度はレストランが開店してるの?と思うほどの静かさ。。

P1070706

ドアについているノッカーが手の形をしたものになっていました。これは後から(モロッコで)知りましたが、悪魔から身を守るファティマの手というイスラム教のお守りだそうです。このファティマの手で、おそるおそるコンコンと鳴らしてみました。

P1070707

スーツを着た店員さんがドアを開けてきたので、予約したことを伝えると「2分お待ちください」と待ち席に案内され、本皮のような立派なソファでくづろきました。目の前には、銅で作られたチェスがあり、思わず写真をパチリ。こへさんからチェスの基本的なルールを教えてもらいながら、まるでおとぎ話のどこかの家の中にいるかのような冒険気分。

P1070708

P1070709

お店の人から提供されたナチュラルウォーターとおつまみをいただきました。2分なんてとっくに過ぎていましたが、周りにはいろいろなコレクションがあり、楽しい待ち時間でした。

P1070711

数分後、席に案内されました。最初から写真のような前菜が用意されていました。不要なら、下げるよう伝えてもいいのですが、とっても美味しそうだったので全部いただくことに!左から、タラのマリネ、ポートワイン漬け仔牛のテリーヌ、羊のチーズの三種類です。

P1070710

店員さんから渡された紙。メニューかと思って見ると、「うむ?」なんと挨拶が書かれていました。私たちが入店して、耳が聞こえないことを伝えた時に「2分待って」と言ったのは、これを作成していたのですね!(驚)

Are you comfortable, do you like your table?

So, let’s start. If you let me I will take some minutes of your dinner just to explain the way the restaurant works, the menu and all the details you’ll need to enjoy more your dinner.
We like very much to welcome our guests with the table ready as if you’re arriving home and someone is waiting for you with the table ready.
We like to set out for you some fish, meat and cheese, and in case there is something you don’t want, feel free to change or simply send back any of the items.

So we have for your enjoyment,

– a codfish ceviche with a base of Portuguese flavor, which is olive oil, parsley and onion, finished with crispy corn bread, salmon roes, and wild chervil.

– A cheese from the south of Portugal, from a protected denomination area, just for this specific cheese, and based in sheep milk.

– A veal Terrine with port wine sauce, fennel seeds and a bread based in olive oil and fennel seeds again to engage the flavor and bring a crispy texture. The concept behind was to create a Portuguese Foie but without foie gras ( leave that to the French ). So we start working only with products from douro valley and that’s why we ended up giving to the terrine the shape of a grape.

The main courses is generally to share, but if you prefer to try different things, we would be happy to arrange half portions.

耳が聞こえない私たちのために、ひとつひとつ丁寧な説明が書かれていて、感激しました。このような気配りに、さらに期待が高まりました。

P1070712

こへさんセレクトのワイン、ポルトガル産の白ワインです。ソムリエさんもいて、店員みんな行き届いたサービスをしており、心置き無く過ごせる環境が整っていました。

P1070719

前菜は、どれもおいしく、特にこの白身魚の新鮮な歯ごたえが素晴らしかったです。

P1070721

海鮮のスープ。海のイメージが浮かぶほど味わい深い味でした。

P1070730

お勧めがタコ料理だそうで、燻製タコが運ばれてきました。じゅわ〜!と香りも、味も一流でした。

P1070736

最後は、もちろんスイーツ♡身も心もとろけました♡

P1070737

そしてポルトガルならではのポートワイン。名前からして美味しそうなのですが、案外クセが強く、クセの強いのが好きな私も飲みにくいと感じてしまいました。それか、まだ美味しいポートワインに出会っていないだけかもしれません。

P1070734

締めのデザートも食べたし、ポートワインも飲めたのでこれで終わりかと思ったら、最後の最後にミントのようなシャーベットでお口直し〜!お腹いっぱい!というお腹の重さを吹っ飛ばしてくれました。このお店ならではのさりげない気遣いを感じました。

三時間ほどいましたが、日本のおもてなしを超えるのではないかと思うほど接客や料理、清潔さなど全ての面がパーフェクトでした。この高いレベルのサービスの割には、価格もリーズナブルなので、またポルトガルに来た時は、ぜひ再来してみたいです。

Bem-Vindo http://www.opaparico.com/



コメントComments

  • ポルトガルの旅ブログお疲れ様でした!ポルトガルの魅力がよく分かったのでオラも行きたくなりました。
    店員さんの対応は素晴らしい!日本も見習って欲しいものです。→ただ、英語レベル無いので英文分からなかった・・なんと書いてあったの?訳してw

    • posana says:

      ポルト終わった後もリスボンの旅が待っていますー!
      英文打ったので、それをコピペしてGoogle先生に翻訳して頂けたらと思います(*^^*)

  • まる says:

    美味しそう!食べたい〜!店員さんの対応も良いとなれば星3つのレストランじゃないかな?日本にもあるといいなー。

 


前後の記事Navi

  • ポルトの郷土料理、モツ煮込み

  • エッグタルトの原型「パステル・デ・ナタ」