昼間の凱旋門

ゆっくりとホテルを出て、凱旋門に向かいます。パリ観光の王道ですな…

P1110065

このとき朝の10時半。凱旋門が見えてきました。門は交差点のど真ん中にあり、その周りを四方八方に車が走っています。

P1110068

信号もないし渡るの危なくね?と思っていたら、地下に入り口がありました。

P1110070

RPGのダンジョンみたい。人がいない。。

P1110072

受付あたりまでくると、人がずらっと並んでいました。どうやら地下鉄からの直行通路もあるようですね。

「ARC DE TRIOMPHE」って凱旋門のフランス語かな?かっこいいなぁ。ARCはアーチとして、TRIOMPHEをググってみたら「勝利」でした。まんまですね。「勝利の門」じゃなくて「凱旋門」に邦訳した人はエライと思う。

P1110073

切符を受け取って上にあがると、凱旋門の股間の下に出ます。

P1110074

どーん。すごい迫力です。足首あたりから門の上にあがれるらしいので、入ってみます。

 

P1110080

螺旋階段キター。

P1110082

階段をだいぶ上がったところで、上から覗くとこんな感じ。たまりません。

P1110084

てっぺんまでたどり着きました。以外と高さがあって結構キツかったです。

P1110085

今ココだよ的な案内。

もう片方の足にも螺旋階段があるんですね。こうして絵で見ると、螺旋階段がまるでDNAみたいな形してて面白い。

P1110088

凱旋門のPV的な。歴史だけでなく、世界中のいろんなアーチを紹介していました。

P1110087

中には、なんと宮島の鳥居の紹介もありました(笑)。

P1110091

広がるパノラマ。パリの街が一望できます。これは壮観!

P1110095

凱旋門を中心に街が放射的に広がっています。12本の道があるらしい。まるで時計だなぁ。

P1110093

エッフェル塔がよく見えます。デカイ!これは夜景も見てみたい。

P1110100

今度は反対側を。

P1110101

ズームイン。面白い形のビルが並んでいます。

それにしても本当に街の設計が綺麗すぎる。洗練されててうっとりしてしまいます。東京のゴチャゴチャした街とは雲泥の差。。なぜこうも違うのか調べるのも面白そうですね。

P1110103

そろそろ戻ります。

P1110107

螺旋階段を下る私(妙にウキウキしてる)

P1110108

股下までまた戻ってきました。

P1110109

肛◯あたり(例えが下品ですみません)をよく見ると、本当に穴が…?

穴にカメラが埋め込まれていました。そういえば展示で、股下の様子をカメラで流していましたが、それがこのカメラというわけですね。

P1110116

P1110113

それにしても本当にデカイ。嫁の大きさと比較するとその巨大さがよくわかります。写真に収まりきらないほどデカイ。これ以上、後ろに下がると車に轢かれてしまいます。広角レンズを持ってくるんだったなorz

次はロダンの美術館です!つづく。



コメントComments

 


前後の記事Navi

  • フランス人も知らない酔い止めメガネ

  • 彫刻作品のパラダイス、ロダン美術館